ユーザ用ツール

サイト用ツール


pentaho:metadata_editor

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

pentaho:metadata_editor [2016/12/01 15:34] (現在)
Wiki Editor 作成
ライン 1: ライン 1:
 +====== Metadata Editorの利用時の注意点 ======
 + Metadata Editorで日本語の入ったフィールドを扱う際のポイント。かなり試行錯誤したのでメモ。
  
 +===== 起動オプション =====
 +Windows版の場合「metadata-editor.bat」で起動するが、このファイルを編集しUTF-8でファイルを扱うように指定する。
 +
 +  set OPT=%PENTAHO_JAVA_OPTIONS% "​-Djava.library.path=%LIBSPATH%"​
 +
 +  set OPT=%PENTAHO_JAVA_OPTIONS% "​-Djava.library.path=%LIBSPATH%"​ "​-Dfile.encoding=UTF-8"​
 +
 + 上記のように、"​-Dfile.encoding=UTF-8"​を追加する。
 +
 +===== 起動後の設定 =====
 +  * 最初に「ロケール」を「ja_JP」に変更する
 +  * データベース接続の設定で「高度な設定」→「データベース内のすべてを引用」をチェック
 +    * 訳がおかしいので気づきにくいが、これはクエリにおいて各要素を引用符でくくるという設定
 +    * これをチェックしないと、大文字を含むテーブルなどがうまくアクセスできなくなる。気づくまでかなり時間がかかった
 +
 + 基本的には、これらの設定をすれば問題なく作業できるが、それでも「ビジネステーブル」を作成する際には、IDに日本語のフィールド名ががうまく設定されず、「_」になってしまうので、手でIDを入力してやる必要がある。IDに日本語が使えないわけではないので、手入力すればうまく動作する。
pentaho/metadata_editor.txt · 最終更新: 2016/12/01 15:34 by Wiki Editor