ユーザ用ツール

サイト用ツール


Action disabled: source
pentaho:メモ

メモ

JavaからPostgreSQLへの接続

  • 接続URL
    • jdbc:postgresql://localhost:5432/DB_NAME
    • SSLなどパラメータが必要な場合は「?ssl=ture」など
  • ドライバ
    • org.postgresql.Driver

Report Designerの起動が遅い

Report Designerの起動が遅いことへの対処。

  • report-designer8.0/resources/kettle-lifecycle-listeners.xml

以下のように、listeners要素内をコメントアウトする。

PDIの何かを待っているようなので、PDIを同時にインストールしてあると起動が早いのだろうか?(未検証)

<listeners>
<!--    
    <listener id="PdiOsgiBridge">
        <description>PDI-OSGI-Bridge Listener</description>
        <tooltip/>
        <classname>org.pentaho.di.osgi.KettleLifeCycleAdapter</classname>
        <meta-classname/>
        <version-browser-classname/>
    </listener>
-->    
</listeners>

Report DesignerをWindows上で動かす際のJavaのバージョン

Windowsに導入するJavaのバージョンを必ず64bit版にすること。

Oracleから無意識にダウンロードすると32bit版が落ちてくる。そのままインストールすると、jarファイルから起動すると動くが、batファイルからは動かない。batファイルにはメモリ関連のパラメータが入っており、32bit版のjavaでは確保できない大きさが指定されている。なので、batファイルを実行しても何も起こらず(エラーも出ずに)終了するので、原因の切り分けが難しい(しばらくハマった)。必ず64bit版のjavaを導入する必要がある。

また、環境変数「PENTAHO_JAVA_HOME」にjavaのインストールディレクトリを指定しておく必要もある。

ログイン画面のカスタマイズ

ログイン画面を必要に応じてカスタマイズする。複雑な構造なので、最低限のロゴや組織名変更にとどめる。

ログイン画面はJSPで作成されているようだ。以下のファイル該当箇所を適宜修正する。ただし、ロゴなどはテーマの変更で動的に変更するようになっているため、テーマの中のファイルを差し替えたりしないといけない(後述)。

  • pentaho-server/tomcat/webapps/pentaho/jsp/PUCLogin.jsp

ロゴの差し替え

ロゴはPUClogin.jspの以下のブロックで定義され、CSSで表示させている。

<div id="login-header-logo"></div>

CSSはテーマの選択で動的に読み込まれる。標準のrubyテーマだと以下にCSSがある。

  • pentaho-server/pentaho-solutions/system/common-ui/resources/themes/ruby/globalRuby.css

ロゴの画像を定義しているのは以下の箇所なので、画像を配置して各種パラメータを調整すればよい。

#login-header-logo {
  background: url(images/header_logo.svg) no-repeat;
  height: 20px;
  width: 76px;
  margin-top: 3px;
}

PDFのフォント埋め込み

フォントを使い分けると相手の環境にフォントがない場合、うまく表示できない場合がある。それを回避するためにPDFにフォントを埋め込む。不要な設定もあるかも。

Report Designerのローカルでは、「File」→「レポート設定」から「output-pageable-pdf」の「EmbedFonts」が「true」になっていれば、標準でフォントを埋め込むようだ。「Encoding」も「UTF-8」にするのが良いようだ。

BI Serverにおいては、設定ファイルをいじる必要がある。

${pentaho_dir}/tomcat/webapps/pentaho/WEB-INF/classes/classic-engine.properties

org.pentaho.reporting.engine.classic.core.modules.output.pageable.pdf.Encoding=UTF-8
org.pentaho.reporting.engine.classic.core.modules.output.pageable.pdf.EmbedFonts=true

を設定する。コミュニティエディションではpdf.EmbedFonts行が標準では記載がないため新しく追加する。

サーバ側にも当然フォントをインストールしておく。

pentaho/メモ.txt · 最終更新: 2020/07/21 11:37 by Wiki Editor