ユーザ用ツール

サイト用ツール


pentaho:baサーバ

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
pentaho:baサーバ [2017/06/06 14:34]
Wiki Editor
pentaho:baサーバ [2017/06/06 15:08] (現在)
Wiki Editor [基本設定ファイルの編集]
ライン 159: ライン 159:
  
 PentahoのWebインターフェイスではJavaScriptが多用されている。fully-qualified-server-urlはそのスクリプトなどを呼び出すためのURLを構築するための基礎になる。Tomcatをフロントエンドに使っている場合は問題にならないが、Apacheと連携する場合には、表面的なURLと内部でのURLがずれるため、ベースURLを設定しないとうまく動作しない。バージョン7.0まではうまく動作したが、7.1からは設定しないと動かないようである。アップグレードの際には注意が必要である。 PentahoのWebインターフェイスではJavaScriptが多用されている。fully-qualified-server-urlはそのスクリプトなどを呼び出すためのURLを構築するための基礎になる。Tomcatをフロントエンドに使っている場合は問題にならないが、Apacheと連携する場合には、表面的なURLと内部でのURLがずれるため、ベースURLを設定しないとうまく動作しない。バージョン7.0まではうまく動作したが、7.1からは設定しないと動かないようである。アップグレードの際には注意が必要である。
 +
 +  * tomcat/​webapps/​pentaho/​WEB-INF/​web.xml
 +    * サンプルデータの削除
 +    * 以下の個所をコメントアウトもしくは削除する
 +
 +  <!--
 +  <​context-param>​
 +    <​param-name>​hsqldb-databases</​param-name>​
 +    <​param-value>​sampledata@../​../​data/​hsqldb/​sampledata,​hibernate@../​../​data/​hsqldb/​hibernate,​quartz@../​../​data/​hsqldb/​quartz</​param-value>​
 +  </​context-param>​
 +  -->
 +
 +  <!--
 +  <​listener>​
 +    <​listener-class>​org.pentaho.platform.web.http.context.HsqldbStartupListener</​listener-class>​
 +    </​listener>​
 +  -->
 +
 +サンプルデータではないが、本番システムでは不要なメッセージを出すので、以下もコメントアウト。
 +  <!--
 +  <​filter>​
 +    <​filter-name>​SystemStatusFilter</​filter-name>​
 +    <​filter-class>​org.pentaho.platform.web.http.filters.SystemStatusFilter</​filter-class>​
 +    <​init-param>​
 +      <​param-name>​initFailurePage</​param-name>​
 +      <​param-value>​InitFailure</​param-value>​
 +      <​description>​This page is displayed if the PentahoSystem fails to properly initialize.</​description>​
 +    </​init-param>​
 +  </​filter>​
 +  -->
 +
 +  <!--
 +  <​filter-mapping>​
 +    <​filter-name>​SystemStatusFilter</​filter-name>​
 +    <​url-pattern>/​*</​url-pattern>​
 +  </​filter-mapping>​
 +  -->
 +
 +
 +
  
  
pentaho/baサーバ.txt · 最終更新: 2017/06/06 15:08 by Wiki Editor