ユーザ用ツール

サイト用ツール


メモ:latex

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
メモ:latex [2020/05/07 18:31]
admin [図表番号を節ごとに]
メモ:latex [2020/05/11 20:04] (現在)
admin [見出しの余白]
ライン 137: ライン 137:
  
   \usepackage[compact]{titlesec}   \usepackage[compact]{titlesec}
 +  ​
 +  # 「*」があるとタイトルに続く段落のインデントを削除する
   \titlespacing*{\section}{0pt}{*0}{0pt}   \titlespacing*{\section}{0pt}{*0}{0pt}
   \titlespacing*{\subsection}{0pt}{*0}{0pt}   \titlespacing*{\subsection}{0pt}{*0}{0pt}
 +  ​
 +  \titlespacing{\section}{タイトル左のインデント}{上のスペース}{下のスペース}
 +  \titlespacing{\subsection}{0pt}{*0}{0pt}
  
  
 +少し調べたので追加。
 +
 +「\titlespacing*」のアスタリスク付きコマンドは、タイトルに続くパラグラフのインデントを削除するかどうか。アスタリスク付きのコマンドは続くパラグラフの冒頭のインデントを削除する。ただし__Rmarkdownから使う場合はインデントの設定が通常のLatexとは異なるようで、アスタリスク付きでも無しでも変わらない__。pandocが呼び出すテンプレートやインデントの設定が関係しているようだ。時間があるときに調べよう。
 +
 +数値は、絶対値と相対値が指定できる。括弧内の数値の前の「*」は省略した記法で、基準となる単位の倍数を意味するようだ。Latexの相対的な数値の指定方法はまだ理解不足。
 ===== ページの余白 ===== ===== ページの余白 =====
 しばしば見かけるのは、geometryを利用するものだが、Rmarkdownからxelatexを使う場合、geometryがうまく機能せずエラーになる。そこで、以下のようにしてページの余白を調整。意味はもう少し調査。 しばしば見かけるのは、geometryを利用するものだが、Rmarkdownからxelatexを使う場合、geometryがうまく機能せずエラーになる。そこで、以下のようにしてページの余白を調整。意味はもう少し調査。
メモ/latex.txt · 最終更新: 2020/05/11 20:04 by admin